ourthoughts

ourthoughts

軽自動車の販売を通じて地域社会の教育水準のレベルアップを実現します。

イラスト

軽自動車の販売を通じて地域社会の教育水準のレベルアップを実現します。

「軽自動車で北海道を元気に」この想いがクレタの出発点であり、目指しているゴールでもあります、大好きな北海道を守る。そのためにクレタができることは、まだまだたくさんあるのです。

教育と生活の向上のために

社長イラスト 社長イラスト

低コスト・低燃費の軽自動車に乗ることは日常の維持費の負担も軽く、その分他に使えるお金(可処分所得)が増えることにつながります。ところが、北海道は軽自動車の普及率が日本で下位に位置しています。また一方で教育水準は全国平均に比べ必ずしも高くなく、大学等に進学してもほとんどの学生が奨学金を利用し、就職後に少ない給与の中からそれを返済し、さらにその給与の中から高い普通車を購入していく人も多いのが現状です。それでは結果として「悪循環」につながってしまいかねません。

夢を目指せる社会を実現したい

車に乗ってる画像 車に乗ってる画像

結果として、今日教育費を払うご両親にとっても自分の人生を選ぶ子供にとっても、限られたお金(可処分所得)を最大限に、夢や目標の実現のために使えるような、そんな北海道を実現したいと思っています。

大好きな北海道を守りたい

社長イラスト 社長イラスト

エコな軽自動車を使ってもらうことは豊かな北海道の自然を守ることにもつながります。そのために私たちクレタは公平・公正な軽自動車の販売をこころがけ、安心のトータルサポートを地域社会に提供し続けます。お客様から愛され選ばれる会社として誇りを持って業績を伸ばし続けることで、北海道の軽自動車普及率をもっと上位にしていきたい、地域社会をもっと豊かにしていきたいをいう想いで事業を営んでいます。

クレタの教育サポート

イラスト イラスト

高校生・大学生で、整備士を目指したい!
という学生さんへの奨学金サポートも積極的に行っています。

実績 実績

2013年 第一期生 日本工学院入学 1名→2016年 クレタに入社

北海道科学短期大学・専門学校自動車整備大学校への
教材として車両提供

写真
▲北海道科学短期大学での寄贈式
写真
▲専門学校北海道自動車整備大学校での寄贈式
写真
▲クレタで働く整備スタッフ

地域貢献

鳥イラスト
鳥イラスト

募金・自動車提供活動
毎年行っている、交通遺児への寄付北大フロンティア募金や東日本大震災への義援金、軽トラックの無料貸し出しなど創業以来毎年、クレタは地域貢献にも全力で取り組んでいます。

主な寄付・寄贈実績と活動
●北海道フロンティア基金 ●社会福祉協議会 ●苫小牧港まつり実行委員会 ●マスターズ甲子園 北海道道央支部 ●北海道胆振中部地震●苫小牧民報社 胆振東部地震 ●苫小牧地区協力雇用主会 ●苫小牧スケートまつり実行委員会 ●北海道未来人材応援基金 ●北海道科学大学●吉田学園 ●北海道150年キックオフ特別イベント ●駒澤大学附属苫小牧高等学校 ●沼ノ端新栄公園ステージフェスティバル ●交通遺児育英基金(苫小牧、千歳、恵庭、北広島、小樽、石狩、新ひだか、白老、浦河、日高、鵡川、早来平取、えりも、厚真) ●交通安全運動 ●地域の環境保全活動 ●地域のクラブチームなどに会議室を貸出 ●北海道大学ツアー開催

新聞 新聞
PAGETOPPAGETOP
画像
画像
Copyright© 2018 Kereta.All Right Reserved.